粉体充填包装をお手軽に

2018年8月18日



 

横流れのオーガースクリューとロードセルによって

定量充填を行う簡易な装置であります。

但し、充填量の誤差はほとんど無いか極わずかだ。

 

粉舞についても工夫がされている。嵩比重のブレが

大きくなければ十二分に対応出来る。

に二軸一体スクリューなどはよく考えられています。

 

価格が手頃な事が良いところ、だが難しい粉体には

それなりに高価になってしまう。

 

あらゆる性質の粉体に対応した高精度・安定・超微粉末対応の充填機と汎用タイプをご紹介

 

まず始めに、振動を利用した新しいタイプの卓上充填機をご紹介

今までは難しかった、壊れやすい大きめの粒・固形物の充填が

出来るようになりました。

振動フィーダー充填機  PTZ

注目! 5つのメリット

① 固形物の形を壊さず充填
② 片持ちロードセルで効率アップ
③ 粉塵の舞い上がりを最小限に
④ 工具いらずで清掃ラクラク
⑤ タッチパネルで簡単操作

 

主な充填物:
◎ コーヒー豆
◎ 甘納豆
◎ ドライフルーツ
◎ 米
◎ ドッグフード
◎ 流動性のある粉

仕  様

型  式本体サイズ(㎜)能力(米の場合)
FTZW825×D830×H1020㎜500g/9sec~
精  度電気容量重  量
±1~2g(充填物による)AC100V 250W約70Kg(本体)

 

スポンサーリンク

粉体・粉末充填機 ST/STZ    こんな充填機を探していたと大好評

 

ST4S-100L

5つのメリット

① 早くて精度が良い‥‥制御で±1~2gの精度
② 小詰めにピッタリ‥‥10g~2Kg程度までの小分けに便利
分解・洗浄簡単‥‥工具不要で洗浄カンタン
安心価格‥‥シンプル設計により画期的な価格を実現
⑤ コンパクト‥‥家庭用の冷蔵庫くらいのスペースがあればOK

主な被包装品(ワーク)
小麦粉

スパイス
パン粉
きな粉
洗剤

大型粉体充填機   ST型  10g~2Kg程度の小分け充填に

粉体充填機なのに、コンパクトな機械であることが特長!
粒体・粉末、湿気を含みやすい粉に最適です。

 

供給・停止充填部主要部品はこれだけ

小型粉体充填機 STZ型 10g~500g程度の小分け充填に

STZ-2S-38L (上図は38Lホッパー仕様)

仕  様

型  式ホッパー容量充填量充填時間精  度
ST4S-100100 L1,000g13秒4

※充填物、精度範囲による。

工具レスで、分解・洗浄がカンタンに行うことが出来ます。

(ST・STZどちらも)

下図、机の上に置き、粉体充填が出来る卓上型充填機。

卓上型でありながら、大型機と制御システムは同じなので、

幅広い汎用性があります。


 
 
 

外径寸法図

仕  様    型  式ホッパー容量充填量充填時間
STZ10L・38L50g7秒
10L・38L100g10秒
10L・38L200g10秒

※充填物・精度範囲による。2Sスクリュー仕様

外径寸法図

 

エヌパックスケール 2軸一体スクリュー&マイクロコンピュター制御

省スペース、短時間充填、高精度充填を進化

NWC80

Wスクリュー=2軸一体スクリュー

1.短時間&安定供給を実現

大口径、小口径2本の特殊構造スクリューを同軸にセット、供給タイムの短縮を実現。材料の流れもスムースです。(スプリングコイルも対応可)原料によっては羽ピッチを変更して対応します。

2.オートゼロ機能装備です。

コンピュタ制御により、風袋の重さをキャンセル「ゼロ」からの正味重量で測定。その為累積誤差がありません。印字プリンターのオプション対応可です。

3.マイナス計量の皆無。

マイコンチェックによるフィードッバック制御でマイナス皆無の安心設計です。

 

 

4.上図左、粉体のブリッジ防止。

ホッパーに内蔵される攪拌羽根がブリッジを防止し、かつ定量性妨げとなる嵩比重の脈動を防ぎます。

5.上図中央、袋サイズに合わせてストレスのないチャッキング

フットスイチで作業効率があがります。良い浮受けも対応可能。台秤による計量も可能です。

6.上図右、工具レス&サニタリー。

接粉部はSUS304バフ#300仕上げ。(オールステンレス対応も可能)日常のメインテナンス負担を軽減するため、工具レスで簡単に分解が可能です。

 

数グラム単位をピッタリ計量出来ます。(最小表示0.01g)

小口径1軸スクリュータイプ

型  式NWC18M-0_12NWC40-0.6NWC50-1.5NWC80-6NWC100-60
秤  量100g600g1,500g6,000g60Kg
計量範囲1~100g10~500g20~1,000g50~2,600g5~40Kg
最小目盛0.01g0.1g0.1g0.2g5g
計量精度0.05~1g0.1~02g0.6~3g2~10g5~20g
能  力5~25秒/回4~15秒/回5~15秒/回5~15秒/回20~30秒/回
使用温度0~40℃0~40℃0~40℃0~40℃0~40℃
電  源AC100VAC100VAC100VAC100VAC200V
外形寸法500×450×500㎜700×950×1,600㎜700×1,050×1,600㎜850×1,050×1,600㎜850×1,600×2,500㎜

*精度・能力(計量時間)は関連し、プログラムにより設定するものです。

 

トラフによる定量切り出しで精度アップ  粉体計量に最適な軽量機

 

振動式充填軽量機(NWT102)

NWT101M

計量方法説明図

型  式NWT101M-0.1NWT101-1.5NWT102-1.5
秤  量100g1,500g1,500g
計量範囲1~10g500~1,500g100~1,500g
最小目盛0.01g0.5g0.5g
計量精度0.05g~1g0.5~3g0.5~3g
能  力5~15秒/回5~15秒/回5~15秒/回
使用温度0~40℃0~40℃0~40℃
電  源AC100VAC100VAC100V
外形寸法580×380×580㎜700×900×670㎜700×900×670㎜

*精度・能力(計量時間)は関連し、プログラムにより設定するものである。

アプリケーション例

Application

粉体充填はボリューム計量で案外容易に

ピッタリとした重量を充填出来る場合があります。

しかし、実際に製袋しながらボリューム計量する場合、

静電気が行く手を阻むことがあります。

 

製袋のヒートシール部分にワークが付着し

機密性を保てない等の問題が発生します。

これはフィルムに帯電防止剤(界面活性剤)を

 

使用することで回避出来ます。

またアルミ箔の包材は電気が流れますので

静電気も対流することがありません。

 

こんな事を考えますと粉体充填で必要なことは

静電気対策を常に意識するようにして下さい。

また機械を購入し今まで充填して問題が無かった。

 

その流れで近似値の粉体を新規に充填する時は

必ず実験を行って下さい。

そのようにしてデータを積み重ねて行くことで

 

先々の仕事がスピーディーに展開出来ます。

 

お問合せ

 

 

カテゴリー

Copyright© 包装をトータルサポート|M&E , 2019 All Rights Reserved.