会社案内

https://pixabay.com

 

 

M&Eサイトへようこそ!

 

数あるサイトの中でM&Eのサイトにご興味を持って下さり

心より感謝申し上げます。

 

M&Eのサイトへようこそ!

 

私は永年『メカトロニクス』『エンターテインメント』を考え続けてきました。

どんな包装機を使ってより多くの人に支持される商品を提供するかに夢中でありました。

これは容易ならざる戦いでもあり、またどの会社でも当たり前に行っていることです。

 

 

そんな繰り返しの中で”成功するビジネス”を考え実践してきたのです。

そんな訳で『Mechatronics』『Entertainment』の頭文字を社名に致しました。

メカだけ、また商品の魅力だけにのめり込まないようにしました。

 

 

普通に売られている包装機械に一工夫すること。

多くの企画マンから「駄目だな!」と言われながらも

気が付けばビッグヒットを生み出すの提案をしてきたのです。

 

1種類の機械を購入して、その役割が終わった後に

再びその機械に一工夫して命を授けるのです。

儲からない仕事も機械に一工夫することで利益を生み出す仕事に変わります。

 

気が付けば凡庸な包装機械を戦略的な最も利益を生み出す機械に革新させてきました。

その過程で包装機械の企画販売をするようになりました。

また、多くの機械をたくさん購入することで次々に先手を打つことが出来ました。

 

そんな経験から皆様がどんな機械をチョイスすべきかが分かるようなりました。

1ヶ月以上も機械がその本来の能力を出せず朝から晩まで解決策に悩んだこともあります。

そして気が付けば本来の能力を遙かに凌ぐ生産性を導き出すことが出来ました。

 

 

全員反対!賛成は自分一人!に飛躍の秘訣がある

 

人は目に慣れないものには拒否反応を示します。

普段目に慣れたものの方が買いやすいのです。

だから新しい提案には拒否反応を示します。

 

しかしマーケットでは逆に新しく買いたいものを探す人が溢れています。

ついでのお使いでコンビニエンスストアに立ち寄って何か面白いものはないかと探します。

結局、購入予定の品物だけを買って帰ってくる。

 

そんな経験は誰でもあるはずです。

これが【全員反対!自分だけ賛成!】と言う企画会議の顛末です。

しかし、そこに希代の経営達人がいてたった一人の情熱を見抜くのです。

 

”イトーヨーカドー”の成功体験が”セブンイレブン”の成功を見抜いたのだ。

「下町のスーパーに大卒が入社するもんじゃない」

と言われながらも行く会社のない若者が入社した。

 

気が付けば時代の寵児となっていたではないか。

そして全員反対のセブンイレブンは小売りのキングオブキングスになった。

「反対は成功の道しるべ」と僕はいつもそう思っている。

 

スケールは小さいけれど似たような経験を何度もしてきました。

テトラパック?どうやって化粧箱に並べるんだよ!

ヘッダー付連続包装品!だれが売り場に吊すんだ?

 

その結果、テトラは中身を保護するから良い。

連続包装品は棚を使わないので新しい売り場を創造した。

階段の壁にも商品を陳列できる。

 

今では当たり前になっているでしょう。

今日は未知でも明日には当たり前の商品。

これを送り出すのが面白い。

 

私たちに出来ることは営業と言う職業を通じ愚直に多くの人々と接すること

 

営業が好きであります。

しかし決して上手ではありません。

売れない日々が続くこともあります。

 

しかし、人は不思議なもので

歩いていればお声を頂戴することもあります。

ひたすら愚直に取り組むことで

 

お客様に優しいお声を頂くこともあります。

営業は上手ではあありませんが

大好きな仕事であります。

 

そしてご提供する商品で幸せそうな素晴らしい笑顔を見たいのです。

 

そのときの出会いが人生を根底から変えることがある

よき出会いを

              みつお

 

そしてもうひとつ

私たちは包装機械なら普通の方よりちょっと詳しいと思っています。

 

そして❝下手の横好き❞なのです。

包装機械のことなら寝食を忘れて取り組むことが出来るのです。

 

長所でもあり、短所でもあるかもしれません。

営業と包装機械 

このためなら一生懸命になれるのです。

腕や能力は上を見たらきりがありません。

 

しかし、下手でも熱意だけは

私たちに勝る人はいないと信じています。

 

そして上手に機械が動いて、小さなお褒めのお言葉を頂けましたら

生涯忘れることのない喜びとして心に刻みたいと思っております。

 

私たちの求めるものは、そして皆様にお届け出来ることは

 

世界や日本国内だけでも

一生かけて知りうることが出来ないほど

優れた技術があります。

運悪く優れた技術や提案であっても

埋もれているものがたくさんあります。

 

包装で言えば❝ディスペンパック❞なども

アメリカで特許を取得されていた技術を

日本人が買い取って

今日の優れた包装技術として開花しております。

 

液晶技術も同様に将来性を見限った米国人から

譲り受け今日当たり前かつ未来に向けて

素晴らしい技術として発展して来ました。

 

万人に受け入れられる技術や包装形態、

そして商品を探し出してゆきたいと

微力ではありますが夢だけは大きく掲げて参ります。

 

About Our Company

会社名    株式会社 M&

代表者    石戸 通裕 (いしど みつひろ)

所在地    〒114-0014 東京都北区田端1丁目18番15号

連絡先    電話 03-6323-4681  Facsimile 03-6385-0468

設 立    2009年8月

設立目的   

1.菓子食品製造業者様、及び包装加工業者様への各種情報提供、コンサルタンティング

2.菓子食品の製造及び包装ラインの設計・仲介・販売に関するコンサルティング

3.PB製品等委託製造業者様の紹介業務

4.菓子食品類及び原材料の輸出入

5.菓子食品類の企画及び委託製造、販売

6.法令順守に基づいた中小企業の経営全般に関するコンサルティング

 

ご挨拶

 

あっという間に21世紀になって

もっと素晴らしい明日を夢見る技術が現れるのかと

期待をしておりました。

 

しかし、原子力エネルギーはものの見事に否定されました。

地球の温暖化も人類には厳しい選択を強いております。

デジタル技術は貧富の差を露呈させ、また使い方によっては

 

多くの人々が一度にその心を動かすこともできてしまうのです。

これは素晴らしいことなのかあるいは最悪の出来事なのか?

勝手に結論付ける事が出来ません。

 

機械メーカーの多くがサーボモーターや

エアー技術をデジタル技術で操りはじめました。

ロボット技術が低価格化し始めています。

 

なにより自動車が家電化し始めているのは面白いことであります。

本当の車好きには悲しいことなのでしょうけれど。

日々価値観が変わってまいります。

 

そのような時空の中であなたを魅了できる機械をご紹介できればと

考えております。

今日よりも楽しい明日をお届けるために

 

一生懸命、生きさせていただき

その一生懸命で少しでも多くの方のお力になれたなら

幸甚の極みであります。

 

Corporate history

 

2009年9月      北区田端にて設立
2010年7月      ダイエット食品の献立を依頼される(管理栄養士在籍)
2011年8月      手動式オーバーラッパーを販売
2012年5月      産業機械・輸送保管機器販売に着手
2012年7月      包装機械・関連機器を網羅、提案型販売に着手
2012年9月      ウェブサイトを公開
2013年5月      機械工具商 東京都公安員会許可 第305521007598号 認可
2014年6月      ウェブサイトからの問い合わせが急増する
2016年3月      上包機械を新しい時代のキーワードと捉え、新たなチャレンジをはじめる。
2017年6月      粉体充填機のお問い合わせが急増、同時に今までにない技術を知ることとなった。

 

 

所在地     〒114-0014 東京都北区田端1-18-15  電話 03-6323-4681 FAX 03-6385-0468

関連企業

■  相模原工場  株式会社 日本メディカルフーズ 内 
   〒252-0202 神奈川県相模原市中央区淵野辺本町4-38-4
      電話  042-768-7607   FAX  042-797-8596

■  千葉工場   江戸川化工 株式会社 内
   〒262-0002  千葉県千葉市花見川区416
     電話  043-258-1636   FAX  043-250-5485 

充填・包装・セットアップアッセンブリー等承っております。

またご紹介も致します。

2018年1月29日

Copyright© M&E , 2019 All Rights Reserved.