液体・粘体・粉末・顆粒・スティック製袋充填包装機

2018年9月30日



液体も粘体もフィルム製袋充填包装は

液体であるが故の独自の難しさがある。

細菌が増殖しやすい環境を包装する。

 

基本があって発展させる事が出来る。

冷蔵環境から加熱環境を必要とする。

当然、包材も低温から高温まで対応。

 

液体・粘体ワークのフィルム製袋充填包装機械

 

このページでは液体・粘体を中心に粉体・顆粒の包装を紹介して参ります。

ERL-1301  Liquid & Paste 液体・粘体 製袋充填包装機械

ERL-1301 汎用型液体・粘体自動充填機
汎用・操作・メンテナンス・コンパクト性を重視
全軸サーボ化--ピッチ・シール温度・充填量
各種駆動タイミングがファイル管理(漢字表記可)

100種類以上の製品データ記憶可能です。
フィルム取付部分は一切の操作系を省きました。
その上、蛇行修正装置装備、フィルムの安定した
流れを実現。

 外装はシースルーカバーを採用し駆動部が
目視確認可能に各熱ロールは前面や背面から
メンテナンスが容易です。

カッター刃は2点固定部を外すだけ。
まるごと取り外し可能でオーバーホールが容易です。

 

 

 

自動センター出し原反装置

蛇行修正装置

テンションロール装置

 

縦ロール上カバーとフィルム繋ぎ台

しごきロール装置

押し圧調整ハンドル

ノッチ装置

カッター装置

集中操作パネル

背面扉

駆動部クリアーカバー

各機能部品は着実に進化している。

まず始めに安全性を第一に考える。

清潔安全な環境で分包を生産する。

 

製袋の角で目を傷つけるお子さんが30,000人もいるんです。だから角を切り取る装置を高価ですがどうしても必要です。

本体標準仕様

充 填 物  :液体・粘体
包 装 形 態   :3包シール4包シール
        (シングル/ダブル)
包 装 能 力   :20~300袋/分
フィルム送り量:20m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~200cc ※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:下記「熱ロールのバリエーション」を参照下さい。
※横シール幅・横シール径及び包装スピードによりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :25~130㎜※130㎜幅は4方シールになる。
フィルム幅  :50~260㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力:3P200V モーター・制御系2.5KW ヒーター1KW×4本、合計6.5KW
エアー使用量 :本体未使用、オプションによる
機 械 寸 法   :幅1,117㎜×奥行942㎜×高さ2,035㎜
機械本体重量 :約700Kg

熱シールバリエーション
ERL-1301-90

縦ロール径Ø90㎜ 横ロール径Ø90㎜ 冷却ロール径Ø90㎜
ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø90㎜)
2つ割115~210㎜ 3つ割 75~140㎜ 4つ割 60~105㎜
5つ割45~80㎜ 6つ割40~70㎜
ERL-1301-100
縦ロール径Ø120㎜ 横ロール径Ø100㎜ 冷却ロール径Ø100㎜
ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø100㎜)
2つ割125~230㎜ 3つ割 85~155㎜ 4つ割 45~80㎜
6つ割45~80㎜
横ロールバー分離式
ERL-1301-100A 横ロール径Ø100㎜ 分離タイプ2つ割or4つ割
ERL-1301-100B 横ロール径Ø100㎜ 分離タイプ2つ割or3つ割or6つ割
ERL-1301-120(連続充填包装特殊タイプ)
縦ロール径Ø120㎜ 横ロール径Ø120㎜ 冷却ロール径Ø100㎜
ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø120㎜)
2つ割160~250㎜ 3つ割110~165㎜ 4つ割80~120㎜ 6つ割55~85㎜

 

スポンサーリンク

ERL-1301C  Liquid & Paste 汎用多列式液体・粘体 製袋充填包装機械 

ERL-1301C 

落下防止カバー  
アルミフレームとアクリルカバーによる簡易なカバーを敷設することが出来ます。

原反からフィルム封滅部までカバーすることにより、落下粉塵のフィルムへの付着を防止します。

汎用型多列式液体・粘体自動充填包装機

汎用・操作・メンテナンス・コンパクト性を重視。
全軸サーボコントロール
製袋ピッチ・シール温度・充填量・各駆動軸のタイミングをファイル管理100以上の製品データを記憶できます。

蛇行修正装置を標準装備
小容量製品では多列式四方包シールも可能です。
製品整体幅+列数+両サイドスリット幅>130㎜以内なら多列化をお勧めします。

C  タイプ多列化の条件
○ 包装形態:4方シール
○ 充填容量:1~20cc程度
○ 製  品  幅:36㎜以上
○ 両サイドスリット幅:5㎜以上

本体標準仕様
充 填 物  :液体・粘体
包 装 形 態   :3包シール4包シール
        (シングル/ダブル)
包 装 能 力   :20~300袋/分
フィルム送り量:20m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~200cc※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:下記「熱ロールのバリエーション」を参照下さい。
※横シール幅・横シール径及び包装スピードによりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :25~130㎜ 
※130㎜幅の場合4方シールになります。
フィルム幅  :50~260㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :3P200V モーター・制御系2.5KW   ヒーター1KW×4本、合計6.5KW
エアー使用量 :本体未使用、オプションによる
機 械 寸 法   :幅1,117㎜×奥行942㎜×高さ2,035㎜
機械本体重量 :約700Kg
オプション  :押し切りノッチ装置・スリッター・
ミシン目装置引きロール装置・M版フィルム半切装置

熱シールバリエーション
ERL-1301-90

縦ロール径Ø90㎜ 横ロール径Ø90㎜ 冷却ロール径Ø90㎜
ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø90㎜)
2つ割115~210㎜ 3つ割 75~140㎜ 4つ割 60~105㎜
5つ割45~80㎜ 6つ割40~70㎜
ERL-1301-100
縦ロール径Ø120㎜ 横ロール径Ø100㎜ 冷却ロール径Ø100㎜
ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø100㎜)
2つ割125~230㎜ 3つ割 85~155㎜ 4つ割 45~80㎜
6つ割45~80㎜
横ロールバー分離式
ERL-1301-100A 横ロール径Ø100㎜ 分離タイプ2つ割or4つ割
ERL-1301-100B 横ロール径Ø100㎜ 分離タイプ2つ割or3つ割or6つ割

 

スポンサーリンク

 

ERL-3000 Liquid & Paste 汎用多列式液体・粘体 製袋充填包装機械  

ERL-3000

フィルム自動繋ぎ装置(スプライサー)はポンプを止めず、包装素速度はそのままで、繋ぎ目前後を不良排出します。

落下防止カバーは
アルミフレームとアクリルカバーによる簡易なカバーを敷設することが出来ます。

 フィルム封滅部までカバーすることにより、落下粉塵のフィルムへの付着を防止します。

製袋幅300㎜(耳スリット含む)まで可能です。
多列4方シール充填包装を実現致しました。
今までは幅広フィルムの交換に手間暇がかかりました。

この機種よりスプライサー(自動繋ぎ装置)を標準装備
機械を停止せず繋ぎ部分を不良排出します。

製袋幅×列数+両サイドスリット幅の合計が300㎜以内で
あれば、多列化をお勧めします。

スプライサーの採用で本機のスピードを落とすことが
ないので生産性をアップできます。

本体標準仕様
充 填 物  :液体・粘体
包 装 形 態   :4包シール
包 装 能 力   :20~150袋/分×列数
フィルム送り量:12m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量 :1~50cc ※充填容量の計量範囲はワークの物性給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:横ロール割り数(Ø120㎜)2つ割160~250㎜  3つ割110㎜~165㎜ 4つ割80~120㎜ 6つ割55~85㎜
※横シール幅・横シール径及び包装スピードによりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :280㎜(MAX)+両サイドスリット部
※この範囲内でも、供給装置の関係で1列の製袋幅に制御が出来る場合があります。
フィルム幅  :560㎜(MAX)+両サイド部
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :3P200V モーター7軸2.75kW  ヒーター9.00kWその他1.6KW 合計14.95KW
エアー使用量 :供給圧0.4kW~0.5Mpa、消費量300L/min
機 械 寸 法   :幅1,900㎜×奥行1,500㎜×高さ2,300㎜
機械本体重量 :約1,600Kg

オプション  :押し切りノッチ装置・スリッター装置・ミシン目装置、引きロール装置

 

ERL-2000D Liquid & Paste 汎用2列式液体・粘体 製袋充填包装機械  

ERL-2000D

三方シール2列式

解 説 

三方シール2列を幅1,100㎜×奥行き×1,350㎜の省スペースに納めました。フィルム送り量も15m/min と汎用運転速度をクリアしました。単包での速度を上げて生産量を増やすより、低速で×2倍の生産量を安定的に確保できます。

本体標準仕様
充 填 物  :液体・粘体
包 装 形 態   :3包シール
包 装 能 力   :20~150袋/分×2列(基準ピッチ100㎜×150袋/分)
フィルム送り量:15m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~50cc ※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:横ロール割り数(Ø120㎜)2つ割160~250㎜  3つ割110㎜~165㎜ 4つ割80~120㎜ 6つ割55~85㎜
※横シール幅・横シール径及び包装スピードによりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :25~60㎜  3包シール限定
フィルム幅  :100~240㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :3P200V モーター7軸1.7kW  ヒーター1.2kW合6.5KW(オプションにより使用量は変わります。)
エアー使用量 :本体未使用(オプションの洗濯により使用します。)
機 械 寸 法   :幅1,100㎜×奥行1,350㎜×高さ2,100㎜
機械本体重量 :約900Kg
オプション  :全閉式防じんカバー・ミシン目装置、押切ノッチ

オプション:全閉式防じんカバー

カッター装置(ミシン目装置はオプション)

原反装置

光電センサー

フィルムセンタースリット

M盤式フィルムガイド

自在式フィルムリード

熱ロール装置

 

 EGL-1500αC Liquid & Paste 汎用多列式液体・粘体 製袋充填包装機械  

EGL-1500αC

本機は、フィルムセットアップからテンション制御、流れ機構、ノッチ機構、カッター機構、排出機構に至るまで新機構を採用。標準装備機能を充実させ汎用性を高めました。

包装スピードはフィルム速度を15m/分を中心に最適化を図りました。多くの液体・粘体充填包装に対応します。さらに小容量製品であれば4方シールの多列化も可能です。

製品幅×多数+サイドスリット幅の合計が150㎜以内であれば多列化をお勧めします。

 包装スピードを落とすことは包装条件を広くすることに繋がります。製品の美しい仕上り、そして多列化による生産性のアップにも繋がります。

多列化の条件
○包装形態:4方シール(シングル・ダブル)
○充填容量:1~30cc程度
○製品幅 :外寸36㎜以上
○両サイド:幅5㎜以上

 

クリーンフィルターカバー付き

 

本体標準仕様
充 填 物  :液体・粘体
包 装 形 態   :3包シール・4方シール(シングル/ダブル)
包 装 能 力   :20~500袋/分
フィルム送り量:30m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の
 物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~350cc ※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:40~200㎜
※横シール幅によりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :25~150㎜ 
※150㎜幅の場合4方シールとなります。
フィルム幅  :50~300㎜
フィルム最大巻径:Ø500㎜以内
使用電力   :3P200V モーター7軸4.5kW  ヒーター1kW×4本 合計8.5KW
 ※充填ポンプその他オプションの選択により消費電力が異なります。
エアー使用量 :供給圧0.4~0.5Mpa 消費量300L/分
機 械 寸 法   :幅1,540㎜×奥行1,240㎜×高さ2,200㎜
機械本体重量 :約850Kg
オプション  :ミシン目装置・押切ノッチ装置・スリッター装置・引きロール装置、M版フィルム半切装置


ポンプオプション

モーノポンプ
ロータリーポンプ

カスケードポンプ
ピストンポンプ(サーボモーター駆動)

ピストンポンプ4Fタイプ(RV)
ピストンポンプ2Bタイプ(RV)

 

 

TCL-1000M  Liquid & Paste 液体・粘体 製袋充填包装機械  

TCL-1000M

図柄合わせ光電制御またはエンドレス運転・製袋ピッチ変更
ノッチの深さ調整・カット位置の微調整・カット角度の微調整
生産する製品スペックの違いによる、製袋条件オペレーティング

機構を標準装備
ボディーはコンパクトでメンテナンスの容易さを実現。
メカ式の良さとシーケンス制御の簡便さを併せ持ちます。

本体標準仕様
充 填 物  :液体・粘体
包 装 形 態   :3包シール・4方シール
包 装 能 力   :20~300袋/分
フィルム送り量:15m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~100cc ※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:横ロール割数(Ø90㎜)2割120~210㎜  3つ割80㎜~150㎜ 4つ割60~100㎜ 6つ割40~75㎜
※横シール幅によりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :25~100㎜ 
※100㎜幅の場合4方シールとなります。
フィルム幅  :50~200㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :3P200V モーター軸1.5kW  ヒーター1kW×4本合計5.5KW
 ※充填ポンプその他オプションの選択により消費電力が異 なります。
エアー使用量 :本体未使用(オプションの選択による。)
機 械 寸 法   :幅980㎜×奥行1,120㎜×高さ1,910㎜
機械本体重量 :約630Kg

 

2TCL-1000M

落下防止カバー

アルミフレームとアクリルカバーを付設出来ます。原反からフィルム封滅部までカバーする事により、落下粉塵のフィルムへの付着を防止します。

 

TCL-314M  Liquid & Paste 1列式液体・粘体縦ピロー自動包装機

TCL-314M


1列式 熱ロール式 連続駆動によるスティックタイプ充填包装機

 多列式と比較し1列でもスピードが上げられ経済タイプとしてご好評です。図柄合わせ光電制御・エンドレス運転・製袋ピッチ変更・ピッチ変更・カット位置の微調整やカット角度の微調整など、生産する製品スペックの違いによる、製袋条件オペレーティング機構を標準装備しています。

連続充填や間歇充填に対応した幅広いポンプを選択できます。

本体標準仕様

充 填 物  :液体・粘体
包 装 形 態   :縦ピロータイプ
包 装 能 力   :20~100袋/分
フィルム送り量:10m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~80cc 
※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:横ロール割数(Ø90㎜)
2つ割120~210㎜  3つ割80㎜~150㎜ 
4つ割60~100㎜ 6つ割40~75㎜
※横シール幅によりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :20~50㎜ (合掌貼り)
ロール段数  :3
フィルム幅  :最大120㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :主モーター軸0.75kW(合計1.15kW)
ヒーター単相200V1kW×4本  合計5.15KW
機 械 寸 法   :幅1,025㎜×奥行1,363㎜×高さ1,838㎜
機械本体重量 :約600Kg


CKL-1000 エンドレス専用高速液体・粘体自動充填包装機

CKL-1000

省スペース・高生産性を追求したエンドレス、固定ピッチの粘体物・液体充填包装機です。フィルム原反の取付位置を低く設置したうえ、長尺フィルムをかけることが出来ます。

高生産性に貢献できるように設計されております。3段ロール方式(3段目に冷却ロール装備)の高速液体充填包装機として、その経済性と安定性において好評を得ています。

本体標準仕様
充 填 物:液体・粘体
包 装 形 態 :3方シール・4方シール(シングル/ダブル)
包 装 能 力 :20~300袋/分
フィルム送り量:20m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~50cc ※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:指定ピッチ(40~120㎜)
※熱ロールの交換によりピッチ変更できます。
製袋幅範囲:25~100㎜  フィルム幅:50~200㎜
フィルム最大巻径:Ø600㎜以内
使用電力:3P200V0.75kW、ヒーター1kW×4本 、
合計4.75KW
※充填ポンプその他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量 :本体未使用(オプションの選択に依存)
機 械 寸 法:幅1,060㎜×奥行900㎜×高さ2,170㎜
機械本体重量:約400Kg

 

ERL/P-1301  Liquid & Granule 汎用型液体・粉体自動充填包装機械

ERL/P-1301


落下防止カバー
アルミニュームとアクリルカバーによる簡易なカバーを敷設する事が出来ます。

原反からフィルム封滅部までカバーすることにより、落下粉塵のフィルムへの付着を防止します。

液体・粉体のWパックを可能にした自動充填機です。

ERL-1300 同様に汎用性、コンパクト、操作性、メンテナンス性を最重要視。全軸サーボコントロールで製袋でのピッチ・シール・充填量・各駆動軸のタイミングをファイル管理可能です。

100以上の製品データーが記憶可能。蛇行修正装置を標準装備し、各種フィルムの安定した流れを実現。

外装はクリアーカバーを採用し駆動部が外部から目視確認が可能、各熱ロールは全面や背面よりメンテナンスが容易です。

カット装置は2点固定部を外すことで丸ごと取り出しが可能です。オーバーホールが簡単に出来ます。

≪液・粉の条件(L/Pタイプ)≫
◎包装形態:粉4方シール・液3方シール
◎充填容量:粉0.3~5cc・液1~30cc程度
◎製品幅 :粉40mm以上・液36mm以上
◎計量オプション:オーガー式・ターンテーブル式・スライド計量式
※包装スピードは粉末の物性により異なります。

本体標準仕様
充 填 物  :液体・粘体/粉末・顆粒
包 装 形 態   :3包シール4包シール(シングル/ダブル)
包 装 能 力   :20~300袋/分
フィルム送り量:20m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~200cc (液体・粉体のシングル包装の場合)
※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:下記「熱ロールのバリエーション」を参照下さい。
※横シール幅・横シール径及び包装スピードによりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :25~130㎜※130㎜幅の場合4方シールになります。
フィルム幅  :50~260㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :3P200V モーター・制御系2.5KW
                              ヒーター1KW×4本、合計6.5KW
エアー使用量 :本体未使用、オプションによる
機 械 寸 法   :幅1,117㎜×奥行942㎜×高さ2,035㎜
機械本体重量 :約700Kg

熱シールバリエーション
ERL/P-1301-90

縦ロール径Ø90㎜ 横ロール径Ø90㎜ 冷却ロール径Ø90㎜ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø90㎜)2つ割115~210㎜ 3つ割 75~140㎜ 4つ割 60~105㎜5つ割45~80㎜ 6つ割40~70㎜
ERL/P-1301-100
縦ロール径Ø120㎜ 横ロール径Ø100㎜ 冷却ロール径Ø100㎜ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø100㎜)2つ割125~230㎜ 3つ割 85~155㎜ 4つ割 45~80㎜6つ割45~80㎜
横ロール分離式
ERL-1301-100A 横ロール径Ø100㎜ 分離タイプ2つ割or4つ割
ERL-1301-100B 横ロール径Ø100㎜ 分離タイプ2つ割or3つ割or6つ割
ERL-1301-120(連続充填包装特殊タイプ)
縦ロール径Ø120㎜ 横ロール径Ø120㎜ 冷却ロール径Ø100㎜
ピッチ可変範囲 横ロール割数(Ø120㎜)
2つ割160~250㎜ 3つ割110~165㎜ 4つ割80~120㎜ 
6つ割55~85㎜

TCL/P-1000M  Liquid & Granule 液体・粉体自動充填包装機械

TCL/P-1000M

液体・粉体のWパックを可能に

絵柄合わせ光電制御、エンドレス運転・製袋ピッチ変更ノッチの深さ調整・カット位置微調整やカット角度の微調整など。

製袋条件オペレーション機構を標準装備連続間歇充填に対応した幅広いポンプの選択を可能に

≪液・粉の条件(L/Pタイプ)≫
◎包装形態:粉4方シール・液3方シール
◎充填容量:粉0.3~5cc・液1~30cc程度
◎製袋幅(外寸):粉40mm以上・液36㎜以上
◎計量オプション:オーガー式・ターンテーブル式スライド計量式
※包装スピードについては、粉末の物性により異なります。

本体標準仕様
充 填 物  :液体・粘体/粉末・顆粒
包 装 形 態   :3包シール4包シール(シングル/ダブル)
包 装 能 力   :20~300袋/分
フィルム送り量:15m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :1~100cc(液体・粉体のシングル包装の場合)
※充填容量の計量範囲はワークの物性、供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:横ロール割数(Ø96㎜)2つ割 120~210㎜ 3つ割 80~150㎜  4つ割60~110㎜
※横シール幅・横シール径及び包装スピードによりピッチ可変範囲が変わります。
製袋幅範囲  :25~100㎜
※100㎜幅の場合4方シールになります。
フィルム幅  :50~200㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :3P200V モーター1.5kWヒーター1KW×4本、合計5.5KW
 ※充填ポンプその他オプションの選択により使用電力が異なります。
機 械 寸 法   :幅980㎜×奥行1,120㎜×高さ1,910㎜
機械本体重量 :約630Kg

KP-503/S Powder & Granule  シングルロール式高速粉末自動充填包装機 

KP-503/S

※オプションにより図柄合わせ光電装置を付設出来ます。

粉末・顆粒包装型式の中で最も実績がある機種

シングル熱ロールであるため高速運転が可能、シールも美しい三方シールで仕上ります。

充填シュートに独特のシャッター機構を採用、噛み込みが非常に少なく、袋のコーナーを利用することで充填効果を高めることが出来ます。

本体標準仕様
充 填 物  :粉末・顆粒
包 装 形 態   :3包シール
包 装 能 力   :60~150袋/分
フィルム送り量:20m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量   :0.5~50cc (液体・粉体のシングル包装の場合)
※充填容量の計量範囲はワークの物性供給装置によって変わります。
ピッチ可変範囲:指定によりピッチ(30~150㎜)
       ※熱ロールの交換でピッチ変更します。
製袋幅範囲  :30~90㎜
フィルム幅  :60~180㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力   :3P200V モーター0.75kW 
                              ヒーター0.6kW×2本、合計1.95KW
エアー使用量 :本体未使用、オプションによる
機 械 寸 法   :幅1,400㎜×奥行800㎜×高さ1,900㎜
機械本体重量 :約350Kg

 

KP-503/S Powder & Granule  シングルロール式高速粉末自動充填包装機 (オーガー計量式)

KP-503/S

オーガ計量装置を付設した、粉末自動充填機です。
微粉末・粘度が有り締まる粉体の充填に適しています。包装機との相性や難しい物性に対する微調整を施すことが出来ます。汎用性を重視した機種です。

 

本体標準仕様(シングル)
充 填 物:粉末・微粉末・粘性のある粉末
包 装 形 態 :3包シール
包 装 能 力 :20~90袋/分
フィルム送り量:20m/分(MAX)
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量:0.4~68.0cc 
※充填容量の計量範囲は充填物の物性とオーガーチューブ・スクリューの種類により異なります。
オーガーチューブ径:4タイプ(外径)
#1;Ø11・#2;Ø15・#3;Ø19・#4;Ø24
スクリューピッチ:#1;6㎜・#2;10㎜・#3;14㎜・#4;17㎜
計量範囲:#1;0.4~4cc・#2;1.2~12cc・#3;3.7~37cc・#4;6.8~68cc
※ここでの計量範囲は理論値を表記しています。
充填制御:パルス(MAXパルス数に対する%設定)
ホッパー容量:16L(SUS304)
使用電力:3P200V 主駆動モーター0.75kW 
 ヒーター0.6kW×2本、攪拌モーター0.09kW
 合計1.95KW
※その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:本体未使用、オプションによる
機 械 寸 法:幅1,700㎜×奥行800㎜×高さ1,750㎜
機械本体重量:約450Kg

 

KP-109  Powder & Granule  エンドレス専用高速粉末自動充填包装機

KP-109

 

粉末小袋用、シンプルでコンパクトタイプ

3方シール粉末自動充填包装機です。シングル熱ロールであるため、3方シール包装の高速運転が可能です。エンドレスデザイン専用の経済タイプです。

本体標準仕様

充 填 物:粉末・顆粒
包 装 形 態 :3包シール
包 装 能 力 :40~250袋/分
(実際の充填包装速度は、分包ピッチ・フィルム材質・充填物の物性に依存します。)
充 填 容 量:0.5~15cc 
※充填容量の計量範囲は充填物の物性と供給装置により異なります。
ピッチ可変範囲:指定ピッチ(30~150mm)
※熱ロールの交換によりピッチ可変できます。
製袋幅範囲:20~85mm
使用電力:3P200V モーター0.75kW ヒーター0.6kW×2本、合計1.95KW
※その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:本体未使用、オプションによる
機 械 寸 法:幅1,000㎜×奥行700㎜×高さ1,600㎜
機械本体重量:約250Kg

 

KB-340 Powder & Granule  固形物・不定形物半自動充填包装機

KB-340

固定定型物や不定形物等の自動計量しにくい充填物を手操作で上部ターンテーブルに押し入れ、半自動的に充填包装する機種です。液注入装置を敷設することで「紅ショウガ」等の包装が可能となります。

本体標準仕様

充 填 物:粉末・顆粒
包 装 形 態 :3包シール
包 装 能 力 :30~70袋/分
(手動供給になりますので、充填物の物性により能力は異なります。)
充 填 容 量:0.5~20cc 
※手動供給になりますので自動計量は行えません。
ピッチ可変範囲:指定ピッチ(70~100mm)
※熱ロールの交換によりピッチ可変できます。
製袋幅範囲:40~90mm
使用電力:3P200V モーター0.75kW ヒーター0.6kW×2本、合計1.95KW
※その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:本体未使用、オプションによる
機 械 寸 法:幅1,100㎜×奥行800㎜×高さ1,300㎜
機械本体重量:約350Kg

 

KCP-100S&L   Powder & Granule 粉末・顆粒自動充填機

KCP-100S&L

簡易操作性を重視した粉末・顆粒充填自動包装機でです。製袋ピッチの変更が可能で図柄合わせ光電制御装置を標準装備。計量部はターンテーブルによる容量計量方式とオーガー装置によるスクリュー計量方式です。

本体標準仕様

充 填 物:粉末・顆粒
包 装 形 態 :3包シール
包 装 能 力 :20~80袋/分
(実際の充填包装速度は、製品ピッチ・フィルムの材質・充填物の物性により能力は異なります。)
充 填 容 量:1~60cc 
※充填容量の計量範囲は「充填物の物性」「供給装置」により異なります。
ピッチ可変範囲:S型45~140mm  L型45~180mm
※横シール幅によりピッチ可変範囲が異なる場合があります。
製袋幅範囲:25~100mm
フィルム幅:50~200mm
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力:3P200V モーター制御系0.88kW ヒーター0.18kW×4本、合計1.6KW
※その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:供給圧0.4~0.5MPa  消費量300L/min
機 械 寸 法:幅750㎜×奥行920㎜×高さ1,850㎜
機械本体重量:約350Kg

KCS-050&KCS-060  Powder & Granule  粉末・顆粒縦ピロー自動充填包装機(合掌貼りスティックタイプ)

KCS-050&KCS-060

簡易操作性を重視した粉末・顆粒の縦ピロー自動充填機です。スティックタイプの単列で、製袋ピッチの変更が可能で、図柄合わせ光電装置を標準装備しています。計量はオーガー装置によるスクリュー計量方式・ターンテーブルによるマス計量方式が選択できます。幅広い充填物に対応しています。

本体標準仕様

充 填 物:粉末・顆粒
包 装 形 態 :ピロータイプ(合掌貼りスティックタイプ)
包 装 能 力 :10~100袋/分
(実際の充填包装速度は、製品ピッチ・フィルムの材質・充填物の物性により能力は異なります。)
充 填 容 量:1~60cc 
※充填容量の計量範囲は充填物の物性、供給装置により異なります。
ピッチ可変範囲:KCS型45~140㎜  KCS型45~180㎜
※横シール幅によりピッチ可変範囲が異なる場合があります。
製袋幅範囲:KCS-050型20~50㎜ KCS-060型20~60㎜
フィルム幅:KCS-050型50~110㎜ (背貼り幅5㎜) 
                      KCS-060型54~134㎜ (背貼り幅7㎜)
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力:3P200V ゴムロール駆動0.04kW ヒーター0.2kW×3本、横シール上下駆動0.2kW合計0.84KW
※その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:供給圧0.4~0.5MPa  消費量300L/min
機 械 寸 法:幅660㎜×奥行1,070(原反付)㎜×高さ1,200(オーガー付)㎜×高さ2,000㎜・2,200㎜(オーガー付)
機械本体重量:約300Kg


オーガー計量式・ターンテーブル計量式


印字装置

KRP-100&KRP-150 Powder & Granule 汎用顆粒自動充填包装機

KPR-100&KRP-150

シーケンサー制御による粉末・顆粒自動充填包装機です。本体駆動はACサーボを採用していますので、製袋ピッチを50~150㎜まで(ロール割り数により限定)簡易に変更できます。図柄合わせ光電装置を標準装備
 機構を簡素化しお求めになりやすい価格設定です。

本体標準仕様

充 填 物:粉末・顆粒
包 装 形 態 :3方シール・4包シール
包 装 能 力 :20~150袋/分
(実際の充填包装速度は、製品ピッチ・フィルムの材質・充填物の物性により能力は異なります。)
充 填 容 量:1~50cc 
※充填容量の計量範囲は充填物の物性・供給装置により異なります。
ピッチ可変範囲:50~150mm
※横シールロールの割数により可変範囲が限定されます。
2つ割 3つ割 4つ割
※横シール幅によりピッチ可変範囲が異なる場合があります。
製袋幅範囲:KRP-100型25~100mm  KRP-150型25~150㎜
※KRP-100型は幅100㎜、KRP-150型は幅150㎜の場合4方シールです。
フィルム幅:50~200mm
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力:3P200V モーター0.6kW ヒーター1.0kW×4本、合計4.6KW
※その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:本体未使用(オプションの選択により使用します。)
機 械 寸 法:幅1,060㎜×奥行850㎜×高さ1,700㎜
機械本体重量:約400Kg

KMP-500 Powder & Granule  粉末・顆粒自動充填包装機

KMP-500

高生産性を実現した多列式の粉末・顆粒自動充填包装機です。シングルロールを使用することで、製品のシール美観に優れます。多列(有効500幅㎜)で包装出来るため、連包品や単包品の効率の良い生産が実現できます。光電制御により図柄合わせもエンドレス柄も選択できます。

本体標準仕様

充 填 物:粉末・顆粒
包 装 形 態 :4包シール
包 装 能 力 :20~150袋/分
フィルム送り量:6.5m
充 填 容 量:1~50cc 
※充填容量の計量範囲は充填物の物性・供給装置により異なります。
ピッチ可変範囲:3つ割 90~120㎜ 4つ割 65~85㎜ 5つ割 55~66㎜ 6つ割 45~50㎜
列   数:1列40㎜以上50㎜以内の範囲にて選定
フィルム幅:520mm
フィルム最大巻径:Ø300㎜以内
使用電力:3P200V モーター3.3kW ヒーター3.0kW 制御系0.5kW その他1.5kW合計8.3KW
※その他オプションの選択により使用電力が異なります。
EX.充填ポンプ
エアー使用量:供給圧0.4~0.5MPa 消費量300L分
機 械 寸 法:幅2,360㎜×奥行1,400㎜×高さ2,450㎜
機械本体重量:約1,600Kg

SS-500 Stick Packer 汎用型・多列式縦ピロー自動充填包装機

SS-500

オプション計量装備:横スライド計量装置・縦スライド装置・ターンテーブル計量装置・ホッパーフィーダー装置

縦型ピロータイプ包装による多列式自動充填包装機

巻取フィルムを本機上でスリットし、各列シュートパイプに製筒させながら、間歇で充填包装します。縮瞳部にサーボモーターを採用、多品種の包装データをファイル管理するシステムを採用。タッチパネルからの入力に加えジョイスティックによる微調整が出来るようにしました。

 微調整を間隔からデジタル化することによりオペレーションのしやすさを追求いたしました。蛇行修正装置を標準装備。運転中の煩わしさを無くしました。

本体標準仕様
充 填 物:粉末・顆粒・固形物
包 装 形 態 :ピロータイプ(合掌貼り)
包 装 能 力 :20~70袋(1列)/分×列数
フィルム送り量:9.5m
※実際の充填包装速度は、製品ピッチ・フィルムの材質・充填物の物性によって異なります。
充 填 容 量:0.5~100cc 
※充填容量の計量範囲は充填物の物性・供給装置により異なります。
列   数:4列 6列 8列 10列 12列
フィルム幅:1列:29~134㎜(合掌貼り)
※フィルム原反の最大有効幅は592㎜(両耳で16㎜含む)
フィルム最大巻径:Ø450㎜以内
使用電力:3P200V 10列の場合
モーター1.5kW ヒーター縦0.3kW×10本
横0.3kW×4 その他0.8kW 合計6.5KW
列数・その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:供給圧0.4~0.5MPa 消費量1,000L分(ANR)
機 械 本体寸 法:幅1,200㎜×奥行1,700㎜×高さ2,700㎜
電気ボックス別置:幅1,500㎜×奥行500㎜×高さ1,700㎜
機械本体重量:約1,200Kg

KNS-200&KNS-350&KNS-500 Stick Packer  汎用型多列式縦ピロー自動充填包装機

KNS-200&KNS-350&KNS-500

縦型ピロータイプ包装による多列式自動充填包装機

巻取フィルムを本機上でスリットし、各列シュートパイプに製筒させながら、間歇で充填包装します。縮瞳部にサーボモーターを採用、多品種の包装データをファイル管理するシステムを採用。タッチパネルからの入力に加えジョイスティックによる微調整が出来るようにしました。

 微調整を間隔からデジタル化することによりオペレーションのしやすさを追求いたしました。蛇行修正装置を標準装備。運転中の煩わしさを無くしました。

本体標準仕様
充 填 物:粉末・顆粒・固形物
包 装 形 態 :ピロータイプ(合掌貼り)
包 装 能 力 :20~70袋(1列)/分×列数
※実際の充填包装速度は、製品ピッチ・フィルムの材質・充填物の物性によって異なります。
充 填 容 量:0.5~100cc 
※充填容量の計量範囲は充填物の物性・供給装置により異なります。
列   数:4列 6列 8列 10列 12列
※有効シール幅と整体幅によって最大列幅が異なります。
有効シール幅:KNS-200型200㎜ KNS-350型350㎜ KNS-500型500㎜
フィルム最大巻径:Ø400㎜以内
使用電力:3P200V 6列の場合
モーター0.75kW ヒーター縦0.3kW×4本 ヒーター横0.3kW×2本その他0.8kW 合計3.95KW
※列数・その他オプションの選択により使用電力が異なります。
エアー使用量:供給圧0.4~0.5MPa 消費量1,000L分(ANR)
機 械 本体寸 法:
KNS-200型:幅1,200㎜×奥行1,400㎜×高さ2,800㎜
KNS-350型:幅1,350㎜×奥行1,450㎜×高さ2,800㎜
KNS-500型:幅1,500㎜×奥行1,500㎜×高さ2,800㎜
※計量装置の種類によって高さは異なります。
機械本体重量:
KNS-200型 約600Kg KNS-350型 約800kg KNS-500型 約1,000kg
※計量装置のよって重量は異なります。
オプション計量装置:オプション計量装備:横スライド計量装置・縦スライド装置・ターンテーブル計量装置・ホッパーフィーダー装置・オーガー計量装置

お電話でのお問い合わせは 03-6323-4681

 

カテゴリー

Copyright© 包装をトータルサポート|M&E , 2019 All Rights Reserved.