袋を開封し自動充填なら給袋包装機

投稿日:2019年1月6日 更新日:



昔流行った給袋包装機だ。

だがスピードが出ない。

著しく生産性が悪い。

 

ところがある時期を境にして時代が転換した。

自動製袋包装機では綺麗な製袋が出来ない。

またスタンディングパウチ製袋のチャックを

開けてワークを供給する包装は給袋機だけ。

 

そんな要望があふれ出した。

それも袋幅が100㎜以下

落とすワークは【グミ】【チューイングキャンディ】

 

そして要望は更に加速する。

 

高機能給袋自動包装機----GP-M3000

 

メカトロハイスペック包装機---使いやすく、高効率

 

GPーM3000 series   

新型給袋装置SPS搭載 ※サイドステップポジショニング

給袋機の一番の課題は製袋を如何にスムース供給するかである。

装置を増やせば増やすほどトラブルの元になる。はず、

ベルト上面ボルトレス化 GOOD---操作性・清掃性・安全性

■ 従来機比で約43%ベッド上面の部品取付面積を削減

■ 清掃性が大幅に向上

3分間アイテム変更 ---操作性・安定性・安全性

■ 従来機で約30分掛かっていたアイテム変更を3分で実現

■ 爪幅、給袋、開口充填、振動、シール工程の自動調整を標準装備

 

スポンサーリンク

メカトロ技術が高度で、安定性に優れた動きを実現!

メカトロ給袋  メカトロ振動  メカトロシール

メカトロハイスペック包装機 使いやすく、高効率!

5軸サーボ搭載

機械仕様Specification
型式GP-M3000
包装能力15~65/分(充填物による)
袋寸法幅:100~230㎜ 長さ:130~380㎜
充填量最大 1,000g
電気供給三相 200V 8.2kVA
エアー供給0.5MPa 300NL/min
機械質量約1,500Kg
適応袋4方平袋・3方背貼り袋・チャック付平袋・スタンド袋・チャック付スタンド袋

※100㎜以下の袋には小袋対応オプションがあります。また、重量物仕様で2,000gにも対応します。

書く袋に対応する機種が4タイプあります。

GY

あらかじめ数百枚の袋をセットした袋供給部から自動的に1枚ずつ供給する給袋方式です。

UR

三方背貼り袋・四方袋・チャック付四方袋に対応したスタンダードタイプ

USR

スタンドパウチ対応。三方背貼り袋、四方袋、チャック式四方袋もOK

UST

チャック付スタンドパウチにも対応したオールラウンドな最上位機種。

充填物自動タッピング機能/シール時間・圧力・温度自動設定機能

充填物自動タッピング機能 --- 操作性・安定性

■ タッピング3要素を自動調整

■ 製品に合わせた強さ、高さの設定が出来る

シール時間・圧力・温度自動設定機能 --- 操作性・安定性

■ メカトロヒーターユニットを採用

■ 事前のアイテム登録により、シール時間・圧力・温度の調整が可能

■ トレサビリティに対応

 

特筆 印字面積従来機比2倍 --- 操作性

■ 従来機比2倍の印字範囲を確保

■ 多彩の袋デザインに対応

 

ラウンドグリッパー  スケール・インジケータの採用

ラウンドグリップパー

■ 爪上に充填物が堆積しない形状

■ 粉体など粒子の細かい充填物に威力を発揮

スケール・インジケータの採用

■ 工具レス!! 袋開口、袋底開口の吸盤高さ位置調整が容易

 

外観寸法図

GP-M3000GY

包装工程図

① 給袋工程

② 空キ工程

③ 印次工程(オプション)

④ 袋口開口工程 印字検査工程(オプション)

⑤ 充填工程 底振動工程

⑥ 底振動工程

⑦ 底振動工程

⑧ 空キ工程

⑨ エアー抜キ工程 トップシール工程

⑩ シール冷却工程 製品排出工程

左図のオレンジ色の○数字を見て下さい。

GP-M3000UST

包装工程

① 給袋工程

② チャック開キ工程 印字工程(オプション)

③ 印字検査工程

④ 袋口開口工程 底開口工程

⑤ 充填工程 底振動工程

⑥ 底振動工程

⑦ 底振動工程

⑧ 空キ工程

⑨ エアー抜キ工程 トップシール工程

⑩ シール冷却工程 製袋排出工程

 

本機との組み合わせ使用例

オーガー式粉末定量自動充填機

コンピュタースケール

電磁フィーダー式計量機

計量円盤式定量充填機

 

お問い合わせ電話番号は 03-6323-4681

 

 

カテゴリー

Copyright© 包装をトータルサポート|M&E , 2019 All Rights Reserved.